アメカジのおすすめラガーシャツといえばバーバリアンです!

大胸筋を鍛え過ぎてTシャツがパツパツになってきました。

どうも、管理人の本杉です。

 

ラガーシャツって、とても格好良いデザインの洋服だと思うのですが、最近では着ている方を全くと言っていいほど見かけなくなりました。

なんででしょうかね?デザインは比較的シンプルだと思うのですが、シンプル過ぎておっさんくさい印象なのでしょうか?

数年前にマリンスタイルが流行った時に、ちまたでは皆さんこぞってSAINT JAMES(セントジェームス)やORCIVAL(オーチバル)のボーダー柄のバスクシャツを着ていた時なんて、

僕はあえて太いボーダーのラガーシャツを着て、颯爽と渋谷、原宿辺りを歩いたりしてました。

ちなみに、アメカジのラガーシャツブランドといえば?と聞かれれば、僕は迷わずBARBARIAN(バーバリアン)と答えます。

40代~50代のアメカジ好きの男性であれば、一度は着たことがあると思います。(着てなかったら、すみません。)

他にアメカジのラガーシャツブランドを挙げるとすれば、COLUMBIA KNIT(コロンビアニット)やRALPH LAUREN(ラルフローレン)辺りかと思いますが、僕はやっぱりBARBARIAN(バーバリアン)が一番ですね。

今回は、そんな管理人一押しのラガーシャツブランド、BARBARIAN(バーバリアン)についてお話ししたいと思います。

 

BARBARIAN(バーバリアン)の歴史

BARBARIAN(バーバリアン)は、カナダのブリティッシュコロンビア州で1981年に創業したラグビーシャツメーカーです。

最高品質のラグビーシャツを生産するメーカーとして、北米最大のシェアを誇りました。

当時、カナダのラグビーチームが使用していたラグビーシャツは、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドなど輸入品を使用していました。

BARBARIAN(バーバリアン)の創設者であるビル・ハート氏は、そんな輸入品のラグビーシャツの品質に疑問を感じていました。

そして、最高品質のラグビーシャツを自分達で製造することが可能であると確信したビル・ハート氏は、世界に誇れるラグビーシャツを生産すべく、カナダの市場にあるすべてのラグビーシャツの品質を徹底的に調査しました。

その結果をもとにして、たった2台のニットマシーンと6人の従業員によって、BARBARIAN(バーバリアン)のラグビーシャツの生産を始めたのです。


 

特徴その1:ラバーボタン

BARBARIAN(バーバリアン)のラガーシャツに使用されるボタンは、プラスチックではなく、ラバー(ゴム製)ボタンを使用しています。

これは、選手同士がぶつかった際、衝撃でボタンが割れて怪我をしないように考慮された仕様です。

ラバーボタン
清潔感のある真っ白なラバーボタンはラグビーシャツならではのディテール


 


 

特徴その2:型

現在売られているBARBARIAN(バーバリアン)のラガーシャツは、日本の代理店がサイズスペックを修正している為、とても着やすい作りとなっています。

以前は、日本の代理店は無く、すべてカナダスペックのサイズで輸入されていた為、とても大きい作りでしたが、現在は特に気にせず着用できます。

ちなみに、管理人は身長180cm、体重75kg、胸囲96cmでLサイズをジャストサイズで着用しています。もう少しゆったり着るならXLでもいいかもしれません。

バーバリアン着用
身長180cm、体重75kg、胸囲96cmでLサイズを着用


 


 

特徴その3:丈夫な生地

BARBARIAN(バーバリアン)のラガーシャツは、ヘビーウェイトの100%コットン生地を使用しているので、とても丈夫です。

最近では通常の12オンスの他に、8オンスのライトウェイトのモデルも生産されています。使用している糸は全く同じですが、糸の量を少なくし、重量を約30%軽減したモデルです。特に春から夏にかけて人気があります。

バーバリアン生地
12オンスと8オンスの生地があり、いずれも丈夫な100%コットンを使用しています


 

オススメのコーディネートは?

ジーンズやスニーカー、スウェットパーカと合わせたカジュアルなコーディネートが定番ですが、オックスフォード生地のボタンダウンシャツと重ね着するのも格好良いです。

これは、アメリカ東海岸の大学生が実際にしていた格好で、日本で言うと、寒いので防寒着として制服の上に体育のジャージを羽織るのと同じ感じです。まあ、ジャージとラガーシャツでは、お洒落度は全然違いますけどね。さすが東海岸の優等生はセンスが違いますね。


 

生産国は?

生産国は、設立当初と変わらずカナダ製です。今もなお熟練の職人の手によって丁寧に生産されています。

 

価格は?

2017年現在で、

長袖12オンス12000円(税抜)、長袖8オンス11000円(税抜)

半袖12オンス11500円(税抜)、半袖8オンス10500円(税抜)

となっています。決して安い価格ではありませんが、最低でも10年は着れる丈夫さなので、着用年数を考慮すれば納得の価格です。

 

1枚はもっておきたい逸品

いかがでしたでしょうか?

丈夫で長持ちし、流行に関係なく着用できるシンプルなデザインですので、1枚は持っておいて損はないと思います。

管理人は、もちろん今年もガシガシ着ていきます!このブログをきっかけに、少しでも多くの方がラガーシャツに興味を持ってもらえたら嬉しいです◎


BARBARIAN(バーバリアン)ラガーシャツ

 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

“アメカジのおすすめラガーシャツといえばバーバリアンです!” への2件の返信

  1. 本杉さんこんばんは。
    いつも動画投稿やブログの更新楽しみに見ています。

    youtubeの動画も全部みているのですが、本杉さんの紹介で初めて知ったブランドや、そんな中でも興味をもち購入したものも何点もあります。

    今回のバーバリアンのラガーシャツも、もちろんyoutubeの動画も全てみました。
    すごく興味をひかれ、今度バーバリアンのラガーシャツも買おうと思います。

    本杉さんの動画は、説明も簡潔で分かりやすく、興味をひかれるものばかりです。
    これからも引続きがんばってください。
    応援しています。

    1. コメント本当にありがとうございます!
      僕の動画が少しでもお役に立てたようでとても嬉しいです!

      ブログのほうは始めたばかりなので、
      まだまだ至らない点が多くあると思いますが、
      今後も楽しんでいただけるよう更新していきますね!

      また、何か気になる点やリクエスト等あれば、
      これからもお気軽にコメントしてください(^^)
      よろしくお願いします◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください