ニューバランスのスニーカーが加水分解した時の対処法は?

ウインナーは、アルトバイエルンよりシャウエッセン派です。

どうも、管理人の本杉です。

 

NEW BALANCE(ニューバランス)のスニーカーって、加水分解しちゃうよね~。

こんな話しを聞いたことがある方、結構多いと思いますが、実際に自分のNEW BALANCE(ニューバランス)が加水分解したことって、ありますか?

加水分解というのは、使用頻度に関係なくポリウレタン素材のソールが劣化してしまう症状のことです。

NEW BALANCE(ニューバランス)のスニーカーのほとんどが、このポリウレタンのソールを使用している為、他メーカーのスニーカーに比べ加水分解の事例が多いです。

加水分解は、空気中の水分、湿気が原因とされているので、どれだけ履いたかなど使用頻度は関係ありません。

ポリウレタンソールは、水分を含み過ぎてもダメですし、逆に全く含まなくてもダメになってしまいます。

この加水分解は、僕も何度も経験しているのですが、その症状は大きく分けると2パターンあります。

 

【パターン1】歩いていると、アウトソールが丸々剥がれる

これが最も典型的な加水分解の症状です。このパターンが起こるケースは、しばらく履いていなかったNEW BALANCE(ニューバランス)のスニーカーを、久しぶりに履いた時に起こりやすいです。

例えば、数年前のデッドストック品で、ピカピカの状態のNEW BALANCE(ニューバランス)を購入し、いざ履いて歩いてみると、いきなりアウトソールがベリッと剥がれてしまう、なんてこともよくあります。

これは、一見新品同様な状態に見えても、ソールの中身は加水分解を起こしているというわけです。

 

【パターン2】ミッドソールがボロボロと崩れてくる

もう一つのケースは、いきなりソールがベリッと剥がれてしまうのではなく、ミッドソールが少しずつボロボロとカステラのように崩れてくるケースです。

管理人の実体験ですと、定期的に使用していたNEW BALANCE(ニューバランス)の996を、ふとした時に観察してみたところ、ミッドソールがヒビ割れを起こし、所々が崩れて中身が見えている状態になっていました。

この状態で普通に歩いたり走ったりしても、履き心地は全く問題無く自覚症状が無いので、加水分解を起こしているかどうかは、目で確認しないと分かりません。

履き心地は問題ないですが、とにかく見た目が悪いのと、いずれはソールがベリッと剥がれてしまう恐れがありますので、定期的に目でチェックする必要があります。

 

対処方法は?

残念ながら、加水分解を起こさない方法というのは無く、一度加水分解が起こってしまえば、寿命としてあきらめるしかありません。

ただ、寿命を伸ばす方法はあります。それは、定期的に履くということです。ポリウレタンソールは、水分を含み過ぎても全く含まなくても劣化してしまうので、適度に使用するということが大切になってきます。

 

接着剤で直らないの?

ソールがベリッと剥がれてしまった場合、瞬間接着剤などでくっつけられないの?確かに一時的にはくっつくと思いますが、いずれはミッドソールがカステラのように細かく崩れてしまうので、応急処置程度にしかならないと思います。

 

加水分解したら捨てるしかないの?

基本的には加水分解してしまった場合は、あきらめるしかありません。

ただ、NEW BALANCE(ニューバランス)のスニーカーの場合、モデルによってはソールの張り替えが可能です。

M1300、M576、M996など、フラッグシップモデルと呼ばれる2万円近くする上級モデルは、ニューバランスショップに持ち込めばソール交換の対応をしてくれます。

金額はモデルにもよりますが、オールソール交換で8000円~10000円くらいでやってくれるはずです。

対象モデルや金額詳細については、ニューバランスオフィシャルサイトに問い合わせてみてください。

なお、最近では一部の靴の修理屋さんでもニューバランスのソール交換を対応してくれるようです。

 

あきらめないで!

いかがでしたでしょうか?

加水分解しても、すぐに捨てようとせず一度ソール交換を検討してみてもいいかもしれません◎

真矢ミキさんもきっとこう言うはずです、

「あきらめないで!」と。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください