ポリウレタンが加水分解しやすいのですか?

たまに食べるインスタントラーメンがめちゃくちゃおいしく感じます。

どうも、管理人の本杉です。

食べ過ぎには要注意!

 

今回はYoutube動画の視聴者さまからのご質問をご紹介します!

コメントをいただいた動画はこちら↓


 

視聴者さまからのご質問はこちら↓

ポリウレタンが加水分解しやすいのですか?

ゴム素材は大丈夫なのでしょうか…?

 

管理人の回答はこちら↓

ポリウレタンは水分に弱く、加水分解しやすいです。

バンズやコンバースに使用されているようなラバーソールはポリウレタンに比べれば加水分解しにくい素材ですが、長期間使用しなかったり保存環境が悪ければ経年劣化は起こります。

ちなみにポリウレタンも別名ウレタンゴムと呼ばれる合成ゴムですよ(^^)

 

視聴者さま↓

詳しくご回答していただきありがとうございます!

ちなみに本杉さんはどのように靴を保管してますか?

 

管理人↓

革靴は湿気と型崩れ防止の為に木製のシューキーパーを入れてあります。

スニーカーはそのまま保管している物もあれば、シューキーパーを入れている物もあります。

あとは同じ靴は2日続けて履かないようにして、一度履いたら風通しの良い場所で1日乾燥させてから下駄箱に収納するようにしてます!

 

視聴者さま↓

参考になりました!

ありがとうございます!

 

ニューバランスの加水分解って本当にどうにかならないもんですかね。

上位モデルは数万円もするのに3年~5年で履けなくなってしまうなんて悲しいです・・・。

管理人はこれまで996や576など色々履いてきましたが、加水分解したら捨てていました。

でも、今回の1300に関してはあまりにもったいなかったので、リペアに出すことにしました。

数年前にニューバランスブームでどこを歩いてもニューバランスのスニーカーを履いてる人ばかりでしたが、皆さんそろそろ加水分解が始まってるんじゃないでしょうかね?

ちなみに加水分解というのは、その名の通り水に反応して起こる劣化現象なのですが、靴を履かずにずっとしまっておいても起こります。

水分を含み過ぎてもダメですし、全く含まなくてもボロボロと崩れてきます。

ポリウレタンを使用した靴を一番長持ちさせるには、「定期的に履く」ということくらいしか対処法はないですね。

あとは寿命がきたらいさぎよく捨てるか、リペアに出すかです。

コンバースやバンズのようなバルカナイズド製法のラバーソールに関しては、ニューバランスのように短期間で加水分解することはないですが、とにかくソールの減りが早過ぎますね。

古着屋さんに飾ってある何十年も前のモデルになると、ゴムが硬化してヒビ割れを起こしている物もあります。

更にリペアは正規ではやってない(独自にリペアしてくれる業者はあります)ので、寿命が短くてもソール交換可能なニューバランスのほうがいいのかも?う~ん、微妙。

まあスニーカーは使い捨てが前提なので、一番良いのは惜しみなく使ってあげることですかね!

とにもかくにも、1300のリペアの仕上がりが今から楽しみです♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください