アメカジ好きがティファニーのマネークリップを5年使った感想

先日、ひさしぶりに自己啓発の本を買いました。

どうも、管理人の本杉です。

「他人と比べるのではなく、昨日の自分、過去の自分と比べて成長しているかどうかが重要である」

だそうです。

 


 

マネークリップを使用して5年が経ちました

マネークリップ、使ったことありますか?

管理人はマネークリップを使い初めてかれこれ5年が経過しました。

まず、なぜマネークリップを使い始めたかというと、

「単純に見た目が格好良いから」

というのもありますが、レザーの財布を何度も新調するのに疲れてしまったからです。

マネークリップを使用する前は、Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)やGLENROYAL(グレンロイヤル)などの財布を使っていました。

自分で言うのもなんですが、管理人は結構物持ちが良いほうです。

それでも、財布だけは頻繁に使うせいもあって数年するとボロボロになってしまいます。

その度に財布を新調するのですが、ある日ふと思ったんです。

「もっと物持ちする財布ないかなぁ~」

と。

試しにBRIEFING(ブリーフィング)のナイロンウォレットを使ったりもしたのですが、ベルクロ(マジックテープ)の財布はあまりに女子ウケが悪かったので使うのをやめてしまいました。

ちなみに友人が同じBRIEFING(ブリーフィング)のナイロンウォレットを使用していたら、嫁に色々言われたようです。

どうやら一般女性の目線では、

「ベルクロの財布は安っぽい」

「子供っぽい」

「恥ずかしい」

らしいです。(実際にアンケートとりました。)

そこでマネークリップが思い浮かんだわけです。

当時、洋服屋で働いていた管理人が上司に、

「マネークリップ探してるんですけど、何かよさそうなの無いですかね~?」

と相談してみたら、

「これいいんじゃん?」

と、グッドタイミングでPopeyeの最新号に掲載されてたtiffany(ティファニー)のマネークリップを教えてもらいました。

ティファニーマネークリップ
ブランドロゴが刻印された最もシンプルなデザインのタイプです。

雑誌をみて一目ぼれした管理人は、さっそく新宿の伊勢丹に行って購入しました。

tiffany(ティファニー)はアメリカのブランドなだけあって、基本的に生産国表記の無い商品はすべてアメリカ製だそうです。

このマネークリップを購入しようとした時に、ネットで色々調べてたら確かにポルトガル製だのイタリア製だの刻印がされている物もありました。

管理人が購入した物は生産国表記が無いタイプなので(というか無い物を店員さんにお願いしました)アメリカ製だと思われます。

使い始めの頃は本当にぎこちなく、レジで支払いをする時に結構緊張しましたね。

(こいつ、マネークリップなんか使って気張ってんなぁ・・・。)

とか思われたりしてないかなぁとか、無駄に考えたりしてました(笑)

現在は5年も使ってますので、まったく気にしてませんが。

耐久性はというと、新品の時に比べてけっこう表面に小キズがついたりしてますが、お札をはさむ部分が広がったりもせず問題なく使用できています。

几帳面な人だとシルバーの研磨剤で綺麗に磨いたりするんでしょうけど、管理人は特に何もする気はありませんね。

お手入れはほぼゼロです。

シルバーのマネークリップは、レザーの財布みたいに削れたりステッチがほつれたりシミが付いたりしないので、使っていて本当に楽チンです。

海外へ旅行に行く時は防犯の意味で財布を使いますが、日本にいる時はもう普通の財布は使う気にならないですね。

マネークリップをまだ使った事はないけれど、興味あります!

なんて方は、ぜひ試してみてください。

とっても良いですよ◎

 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください