気付けばチャンネル登録者数2000人達成してました。

気付けば1ヶ月以上ブログ更新止まってました・・・。

どうも、管理人の本杉です。

そろそろ本格的に再開していこうと思ってます!

 

Youtubeチャンネル登録者数2000人達成!!

ブログの更新をさぼっていたのもそうなのですが、最近はYoutube動画も更新頻度が低くなっております。

いつも楽しみにしていただいている視聴者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

ここ最近仕事の内容が変わったり、プライベートでも色々と忙しく過ごしておりまして、なかなかブログやYoutubeに時間がさけなくなっている状態です。

僕なんかより忙しい人は世の中にたくさんいると思いますので、今後はなるべく更新頻度を上げていきたいと思います。

 

前置きはこの辺にしておいて、先日ふとYoutubeのチャンネル登録者数を確認したところ、知らない間に2000人達成してました。

僕のような無名の動画チャンネルに興味を持ってもらえて、本当に感謝です!

Youtube動画を配信し始めたのが2017年の2月ですので、もう1年と3ヶ月ほど経過したことになります。

時間が経つのって、あっという間ですね。

最初は手探り状態でとにかく動画をUPすることに集中してました。

その為、当初の動画はお世辞にも良いものとは言えないクオリティだと思います。

そこから少しずつ動画編集を覚え、トークも若干ですが以前に比べまともになってきた気がします。

 

Youtubeを始めた理由

そもそもなぜYoutubeを始めたかというと、同じ業種で動画配信をしている人があまりいなかったからです。

当時はセレクトショップで通販の責任者をしておりましたので、フェイスブック、ブログ、インスタグラムなど流行りのSNSは当然のように活用していました。

ただ、これらは他のショップもやっている事であって、なんだか面白みに欠ける気がしていました。

そんな時、何気なくYoutubeを見ていて思いついたんです。

「あっ、自分でYoutubeやればいいじゃん!」

と。

別にYoutubeが特別好きなわけでもなく、将来的に有名ユーチューバーになろうなんて思っているわけでもなく、単純に周りがやっていなかったからというのが本音です。

もちろんファッション系のユーチューバーさんというのは元々存在しており、有名な方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな中、無名の僕が動画を配信したところで一体どれくらいの人達が興味を持ってくれるかなんて全くわかりませんでしたが、実際にやってみると思った以上に反響がありました。

といっても、あくまで僕が思っていた以上というだけで、他のユーチューバーさんに比べれば本当に大した数ではないですが。

Youtubeを利用している年齢層はかなり若く、主に10代~20代がかなりの割合を占めています。

そんな中で、僕がターゲットにしている30代~40代の男性が動画を観てくれている事が分かり、とても嬉しく思います。

もちろん、もっと若い年代の視聴者さまもいますし、どちらかというとコメントをくれるのはそういったファッションに敏感な若い世代の方々ですね。

 

今後、アパレル業界はどうなっていくのか。

近年、アパレル業界は本当に衰退の一途をたどっています。

アパレル市場の売上は年々右肩下がりで、実際に新店や老舗関係なく洋服屋さんはバンバン閉店してます。

昔に比べ、安くて良質な製品は当たり前という認識の消費者が増えていますし、実際に量販店さんで売られている洋服のクオリティは年々上がっています。

また、インターネットの普及により店頭で買い物をする必要がなくなってきているのも事実です。

このような流れになると、小さな個店さんは本当に経営が困難になってきます。

店頭でのセール、インターネット上での価格競争やポイント付与、広告の打ち出しなど、商品を売る施策が打てるのは大手企業になります。

どれだけセンスの良いアイテムや、良質な洋服を販売したとしても、それだけで売れる時代ではなくなってきてるんです。

 

キーワードは「商品力」ではなく「販売力」

これは洋服に限ったことではないのですが、これからの時代は「商品力」ではなく「販売力」がより重要になってくると思います。

よく、他のお店と差別化するには、

「オリジナル商品を作ったほうがいい!」

「1点物などの珍しい商品を仕入れたほうがいい!」

という声を耳にすることがありますが、実際に売れるオリジナル商品を作ったり1点物を仕入れ続ける事は至難の業です。

では、どうすればいいのでしょうか?

あくまで個人的な意見ですが、商品を売る、もしくは興味を持ってもらうには「人」の力が重要だと思います。

例えば、なぜファッション雑誌の広告やテレビCMにタレントを使用するのかというと、人の魅力で商品に付加価値を与える為です。

自分の大好きな有名人が商品をオススメしていたら、なんとなく気になったり欲しくなったりしませんか?(物にもよるかと思いますが)

これをより一般レベルで考えると、ショップ店員さんが該当します。

昔はカリスマ店員という言葉が流行りましたが、実際そういった販売力に長けている人には必ず魅力があります。

格好良い見た目でもいいですし、やさしい人柄でもいいですし、豊富な知識量でもいいです。

その店員さんが万人に受け入れられる事はないかもしれませんが、必ず共感してくれる人は存在します。

管理人の例を言うと、家の近くにコンビニが2軒あるのですが、利用するのは必ず可愛い店員さんがいる方のお店です。

「こいつ、何言ってんだ・・・?」

と思われた方がいたらすみません。

でも、同じ商品を同じ値段、同じ距離で買い物に行く場合、残される要素って「人」になりませんか?

コンビニの場合はポイント付与もありますが、管理人の場合ポイントはあまり気にしないので。

どうせ同じ買い物するなら、愛想の悪いおっさん店員より、元気で人当りの良い女子店員に接客してもらったほうが気分いいじゃないですか。

これは、居酒屋、美容室、歯医者さん、もしくは学校の先生でもいいですし、本当に様々な事に当てはまると思います。

 

で、さんざんベラベラと語ってきましたが、結局何が言いたいのかというと、

「やり方は色々あるよ」

って事です。

そういう意味で、管理人はYoutubeを利用して「自分を通じて何かを伝える」ということを行っています。

自分自身に魅力があるかどうかは分かりませんが、こんな管理人でも少なくとも2000人は興味を持ってくれるということです。

実際に管理人の動画を観て、そこで紹介した商品を買ったという視聴者さまは何人もいますしね。

ということで、今後もブログ、Youtube、インスタグラムで情報発信を続けていきますので、引き続きご視聴のほうよろしくお願いします♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください