シェラデザイン マウンテンパーカーのサイズ感と年代を解説!

(*この記事は、2018年3月11日に更新しています)

焼餅には砂糖醤油が最高においしいです!

どうも、管理人の本杉です。

お餅はカロリー量ハンパじゃないので食べ過ぎに注意です!

 

自分の定番アウターってお持ちですか?

管理人はマウンテンパーカーが大好きで、秋冬はほとんどマウンテンパーカーで過ごしているといっても過言ではないです。

そしてアメカジのマウンテンパーカーといえば、SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)は外せません!

管理人は一時期SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーを色違いで4、5着所有していたくらいです。

そこで今回は、SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーについてお話ししたいと思います。


 

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)とマウンテンパーカーの歴史

老舗アウトドアメーカーのSIERRA DESIGNS(シェラデザイン)は、1965年にアメリカのカリフォルニア州で設立されました。

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)には様々な代表的なモデルが存在し、ダウンジャケット、パナミントジャケット、タコマコートなどがあります。

その中でも、1968年に発表された60/40クロスを使用したマウンテンパーカーが最も有名です。

日本では1970年代の中盤にSIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーが販売され始め、1980年代頃に街着として流行しました。

最近ではSIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーを着ている人ってあまり見かけなくなりましたが、本当に着まわしの効くアイテムなんです◎

シェラマウンテンパーカー
1960年代に誕生して以来、当時とほとんど変わらないディテールで販売され続けているSIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカー


 

代名詞の60/40クロス

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーの最大の特徴は、60/40クロス(通称ロクヨン)と呼ばれる生地です。

60/40クロスタグ

60/40クロスとは、コットン60%とナイロン40%で織られた生地のことを指します。

特徴としては、60%のコットン部分が空気中の水分をふくむと生地が膨張して高密度となり、防風性や撥水性が高まるという画期的な素材です。

また、速乾性も高く雨に濡れてもすぐに乾くので、管理人はカッパ代わりとしても使用しています。

近年では完全防水素材のGORE-TEX(ゴアテックス)が人気ですが、ゴアテックスには構造上寿命があります。

ゴアテックス素材は、表裏の生地の間にゴアテックスの膜をサンドイッチしています。

このサンドイッチをする際に、生地と膜を接着して取り付けている為、長年使い続けると接着部分が劣化してどうしてもバリバリになってしまうんです。

ですが、60/40クロスには特にそういった寿命もなく長年使用できるので、本当に取り扱いが楽なんです◎

60/40クロス
シェラデザインの代名詞60/40クロス(通称ロクヨン)


 

年代別タグのデザイン

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーは、首元のブランドラベルのデザインで年代を判別することができます。

ちなみに、現在管理人が所有しているマウンテンパーカーのタグはこれ↓

シェラ80年代タグ

ブランドラベルの真ん中辺りに木が8本ありますよね?

これは80年代製のブランドラベルのデザインです。

ざっくり説明しますと↓

70年代製=木が7本

80年代製=木が8本

90年代製=木が3本

というような感じで年代を簡単に判別することができます◎

ちなみに現行モデルのブランドラベルには、70年代の復刻タグ(木が7本)が使用されています。

また、当時はアメリカサイズの表記しかありませんでしたが、現行モデルには日本サイズ(JPN)とアメリカサイズ(USA)の2つの表記があります。

その他には、70年代製のモデルはスナップボタンにブランドロゴの刻印が無かったり、ジッパー部分にナイロンストラップが付いていたりと微妙なデザインの違いがあります。

よかったら豆知識として覚えておいてください◎

 

サイズ感と着こなし

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーは、全体的にゆったり目の作りになっています。

着用するとこんな感じです↓

シェラマウンテンパーカー
身長180cm、体重75kg、胸囲96cmでMサイズ(USA表記)着用


着方の好みにもよりますが、マウンテンパーカーは裾でお尻が隠れるくらいのサイズが最もスタンダードです。

コーディネートとしては、CAMCO(カムコ)やBIG MAC(ビッグマック)のネルシャツや、PENDLETON(ペンドルトン)のウールチェックシャツに、Levi’s(リーバイス)の501を合わせるのが王道です◎

靴はRED WING(レッドウイング)のアイリッシュセッター、DANNER(ダナー)のダナーライト、Russell Moccasin(ラッセルモカシン)のチャッカーブーツ辺りがオススメです!

 

価格帯について

2017年現在で35000円~40000円くらいが相場です。

こういったアメリカ製の洋服は年々高騰しており、気軽に買える値段では無くなってしまいました。

それでも、10年以上は普通に使用できる丈夫なアイテムなので、1着持っておいて損はないと思います!

 

(*2018年3月11日追加更新)

お散歩動画撮ってみました

3月に入り少しずつですが暖かくなってきました!

ということで、マウンテンパーカーを着てお散歩動画を撮ってみました。


 

もう何百回袖を通したか分からないくらいマウンテンパーカーは着用してますが、やっぱりお散歩にも便利ですね♪

河川敷で撮影したので風がけっこう強かったですが、60/40クロスのおかげで全く風を通すことなく快適でした◎

屋外でのトーク動画は今回が初めてでしたので、あまりうまく撮影できていないと思いますが、いつもと違った雰囲気を楽しんでいただければ嬉しいです!

 

道具として使える洋服

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカーは、とても機能的で道具として使える洋服だと思います。

ちょっとしたハイキングにも便利ですし、濡れてもすぐ乾くので台風だってへっちゃらです!

発売から数十年経っても大きなデザイン変更が無いということは、それだけ当時から完成された洋服だったと言えます。

管理人も大好きなSIERRA DESIGNS(シェラデザイン)のマウンテンパーカー、この記事を読んで少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです♪

SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)マウンテンパーカー

 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA