ダウンジャケットはどうやって畳んでましたか?

よっぱらってフローリングで寝たら腰痛を発症しました。

どうも!管理人の本杉です。

大人はきちんとふとんで寝ましょう!

 

今回は、Youtube動画の視聴者さまからの質問をご紹介いたします。

質問の内容はこちら↓

ダウンジャケットのような厚手のものはどうやって畳んでましたか?

 

この質問に対する管理人の回答はこちら↓

コメントありがとうございます!

ダウンジャケットの厚みにもよりますが、基本的に座ってたたんでいました◎

0.フードがある場合は、胸の中心の上にフードを置くように折る

1.右袖先を左胸の上に置くように袖を折る

2.左袖先を右胸の上に置くように袖を折る

3.裾を持って首元のほうへ折る(現在2つ折りの状態)

こんな感じです。

よりコンパクトに収納したいようでしたら、3.の2つ折りの状態から、横方向へ折りこむ(左右の肩を重ねるイメージ)。

そこまで小さくたたんだら、スーパーやコンビニなどの小さなビニール袋にスッポリ入るので、かなりコンパクトに収納できます◎

 

言葉だけではちょっとわかりづらかったでしょうか・・・。

ダウンジャケットも型や厚みによってたたみやすさが全然異なってきますので、一概には言えませんが、大体こんな感じでたたんでいます。

以前アパレルショップで勤めていた時は、ダウンジャケットは基本的にハンガーに吊るして展示しているのですが、売れてショッピング袋に入れる際や、シーズンが終わって倉庫にしまう時は必ずたたまなければなりません。

CANADA GOOSE(カナダグース)のダウンジャケットなんかは、大きいし厚みもあるので、たたむのにちょっとだけコツが入りますが、慣れれば簡単です♪

ダウンジャケットを自宅で収納する時は、型崩れしないようになるべくハンガーにかけておくのがベストです。

ただ、気温が上がりダウンジャケットを着なくなってきた場合は、クローゼットの奥にしまいたいと思います。

そういった場合は、さきほどご紹介した小さくたたんでビニール袋に入れるやり方を試してみてください。

ダウンジャケットは、グイグイと押さえて空気を抜きながらたたむと、かなりコンパクトになります。

しかし、そのままだと徐々に空気が入って元の大きさに戻ってしまいますので、ある程度小さくたたんだら、ビニール袋に入れておけば、コンパクトなまま収納が可能です。

「でも、あんまり小さくたたむとシワが付いたり型崩れしませんか?」

その点は大丈夫です。

またダウンジャケットを着るシーズンが近づいてきたら、ビニールから取り出してハンガーにかけてください。

そうすれば、空気を吸ってダウンジャケットが膨らむので、シワが伸びて形が整いますよ!

よかったらご参考にしてください◎

その他の洋服のたたみ方については、動画にまとめてありますので、ぜひこちらもチェックしてください↓







 

最後までお読みいただきありがとうございます!この記事があなたのお役に少しでも立てましたらシェアをお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA